メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

« 春の移動教室 | トップページ | uni α-gel »

2004.04.12

手話と点字

何気なしにNHKの「ろうを生きる難聴を生きる」を見たら、世界ろう連盟の会長とのインタビューで、会長の出身国ニュージーランドでは手話が国内の3つの公用語のひとつとして認知されることになったという話題があった。おもしろいのは健聴者でも手話で教育を受ける権利を持てるらしいということで、例に挙がったのは、ろう者の両親の間に生まれたこどもで手話を母語として育ったこどもには、教育も手話で受ける権利があるという例である。
言われればそうだ。わたしだって自分の生まれ故郷の方言が母語で、そこにいた時はその言葉で授業を受けていたんだし、いわゆる標準語と言われる日本国共通言語はTVや教科書、本などから自然と仕入れたものだ。
これと同じ状態を手話が母語の人が手に入れてもいいじゃないかというもの。
すごく画期的な法律だと思う。

対して点字はどうか。
これは日本ろうあ連盟のサイト内の情報で、ニュージーランド政府が作ったQ&Aを読むと、点字は日本語でのひらがなやかたかなと同じで、表記方法が違うだけで、言語としては英語や日本語を基にしているので真の言語としては成り立たないということらしい。

そういうことでいくと、視覚障碍者の両親から点字から覚えていった晴眼のこどもは、点字で教育を受けたいと思っても受けられないことになる。

そういうものなんだろうか。
点字に関して言えば、単語の切れ目がくっきりはっきりしている英語などはともかく、日本語に関しては読みやすくするために、独特の表記法、分かち書き(参考: まったりとっくりにっこりサイト内「点字の部屋」
)が必要になる。そして点字の読み文字である凸字を覚えて、書き文字である凹字も覚えないと手打ちができない。

使わないと忘れるしなぁ。
でも言語学的に言語として成立しないと言われると返す言葉はないんだろうな。

そんな点字にも最近ちょっとしたいい感じのニュースがあった。
朝日新聞の記事より:従来の1.2倍の点字が書ける携帯点字器、名古屋で開発

以前通っていた図書館では小さいコや初心者向けに緑色の紙に打たれていた大きな点字のことだと思われます。
今まで携帯点字器がなかったんだ。
あれってどうやって打ってたのかな?説明聞いたはずなのに忘れてしまったよ(汗)
あ、携帯でないのはあったのか。(日本点字図書館サイト内:大文字27マス点字盤
そうそう、確か一冊一冊手打ちしているという話だった。
これで大点字が人気を呼んで、点訳ソフトがこれに対応すれば、それで印刷して読むということもできるようになるということになる。

これで今滞っているらしい点字使用者数が増加すればいいのだけれど。。。

« 春の移動教室 | トップページ | uni α-gel »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6364/427937

この記事へのトラックバック一覧です: 手話と点字:

« 春の移動教室 | トップページ | uni α-gel »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ