メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

« おこもり | トップページ | 今年最後の帯縫い »

2004.12.22

カップルがんばれ!

今日見かけたカップル2組。
最初はホームから行き先まで一緒だったカップルで、まだつきあい始めたばかりかしく二人の身体中からシャンパンの泡がはじけているようなそんな感じだった。

そんな二人が駅を降りた時、白杖を持った彼が柱に激突。あまりの衝撃にその場にうずくまってしまった。
まだ誘導するのに慣れていない彼女が、人混みに流されながらほんの少し気をそらしたのと、彼が気分が高揚していたため、二人の繋いだ手がはなれてしまった。
それであせった彼は自分の身体より一瞬早く白杖が柱に当たったのにかまわず一歩前に踏み出してしまったのだ。
最初から彼女の誘導振りが危なっかしかったので心配していたのだが、やっぱりやってしまった。

30秒ほど遠くから見ていたけれど、彼がうずくまったまま動かないので手助けしようかどうか迷ったのだが、ここで下手に他人が割り込むと彼女が凹むかもしれないと思い、これから長い付き合いになるだろう二人にとって、きちんと誘導すること、されることは大切なことだから、「これにめげずにがんばってね!」と心でエールを送ってそのまま通り過ぎた。

そして乗り継いだ電車でもう一組。
こちらは買い物帰りの様子で、ご婦人の方が今流行りの座れるカートを手にして、殿方の方がご婦人をかばいながら電車に乗った。
成り行きでお二人の隣に座ったのだが、二人はしばらく談笑していたと思ったら、女性の方が暖かい日差しを背中に浴びたせいかうつらうつら。
小さい体がいっそう小さくなったようで、このまま日差しの中に溶けていってしまうのではないかと思うくらい。
その姿をなんともいえない表情で見守る男性。
これくらいの年齢になると、お互いいつはかなくなるかわからないだけに、その一瞬一瞬を手の中に包み込むような二人だった。
「買い物も一苦労に思われるようになる年代ですものね。ご無理のないようにがんばってください。」
そう心でつぶやきながら電車を降りた。

最初の若いカップルも、こんな枯れたカップルになれるといいね。

#自分たちもこれくらいまで生きられるのかな?

追記:
前半部分を書いたところで、携帯からメール経由で投稿したら、いきなり公開されてしまいましたよ。
デフォルト設定を下書きにしていれば下書きモードになるとヘルプを解釈したんだが誤っている様子。
なにか小細工が必要か?それともココログも無料だとこれが限界?
素のMTだったら設定可能のようなのだが。。。。

« おこもり | トップページ | 今年最後の帯縫い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6364/2358770

この記事へのトラックバック一覧です: カップルがんばれ!:

« おこもり | トップページ | 今年最後の帯縫い »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ