メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

« 続・他人のコメントが通知されない | トップページ | 全文検索つけてみました »

2005.03.07

こんな夜更けにバナナかよ

きままな評価(5段階):★★★★★
渡辺一史
北海道新聞社
ISBN:4-89453-247-6
定価:1800円+税

大宅壮一ノンフィクション賞・講談社ノンフィクション賞受賞作品。
以前買っていたものの読み直し。
筋ジストロフィーで人工呼吸器をつけながらボランティアの24時間介助をうけて街で一人暮らしをする鹿野氏(鹿ピー)と
そのボランティアへの取材を通して日本で障害者が「生きる」ことの現実と、ボランティアの現実、そしてそこから引き出される様々なもの。
「きれいごと」でない障害者の自立生活とそれを支え・支えられるボランティアの日々がここに詰まっています。

医療関係者・ボランティア・福祉関係者・障害者・できればすべての様々な立場の人に読んでほしいと思う一冊。
でもマイナーな出版社のせいか話題性がなくなったら、速攻で店頭から消えました。
ネットで注文したほうが早いかも(送料タダになる金額だし)。

« 続・他人のコメントが通知されない | トップページ | 全文検索つけてみました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな夜更けにバナナかよ:

« 続・他人のコメントが通知されない | トップページ | 全文検索つけてみました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ