メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

« なぜか突撃モードU^^;U | トップページ | 似非団体代表がさらに告訴された日 »

2008.02.18

心臓カテーテル

今日、家人の母は心臓カテーテルを入れて心臓の血管造影をしました。
結果は白。
なにもなし。
血管もきれいに映っていて詰まっているような所見はなかったそうです。
でも、造影準備中に脈拍が20まで落ちたらしいです。
途中で看護婦さんが家族に聞こえないように医師に耳打ちしていたらしいのですが、その場では聞けず、後で聞いたら、『実はあの時脈拍が落ちていたのですが、みなさんの前では言いづらくて…』ということだったらしいです。

それで当初手首から入れるはずだったカテーテルが脈拍が少なすぎて血流にカテーテルを流す力がなくて、ひじのところから入れ直したということ。
処置が終わって、夕方カテーテルを抜いた時に、看護婦さんが「ほら、こんなのが入ってたんですよ~♪」と入っていたカテーテルを母に見せたらしく母はぎょっとしてたらしいです。
#なんてお茶目な看護婦さん(^^;)

というわけで、結局血圧が148まで上がっていたのを除けば後の所見は正常だったらしいです。
ということは、結局今回の房室ブロックは老化現象の表れ?
それはそれでなんだか心配ですが、当面はペースメーカーを入れれば元気復活するらしいし、埋め込みは今日のカテーテルの処置に比べれば断然楽らしいので、局部麻酔の影響などがなければ一安心というところ。

そして家人は一安心した父親と焼き鳥屋さんで3時間以上打ち上げ(?)した模様。
#これではかえってお母さんのストレスが高くなるような…(^^;)

それにしてもペースメーカーを埋めることになると身体障害者1級の認定になるということを初めて知りました。

まあ、それがなければ命が危ないということで、いろいろ制限されるからというのでしょうが、ペースメーカーを入れると格段に健康体に近くなって元気バリバリになる人がほとんどで、ペースメーカーを埋めるまでもない状態の人や身体的事情で埋められない人はの方が現実には生活にかなりな支障があっても、障害の級が低くなってしまうという、技術革新が進んだが故の矛盾が今問題になっているそうです。

« なぜか突撃モードU^^;U | トップページ | 似非団体代表がさらに告訴された日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6364/40176396

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓カテーテル:

« なぜか突撃モードU^^;U | トップページ | 似非団体代表がさらに告訴された日 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ