メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

« もうすぐ5月の節句なので | トップページ | ゆめつげ 畠中恵 »

2008.04.25

ボランティア格差

先日、以前在宅でパソコンサポートに伺った方で他県に引っ越された方から久しぶりに連絡がありました。
わたしの所属しているボランティア団体は所属県内をサポートしているため、他県に引越しされた方から連絡があっても原則取次ぎはありません。
ですが、今回はたまたま職員の人が取次ぎをしてくれました。

問い合わせの内容は今回引っ越し先で新しいPCを手に入れたのだけれど、昔のPCに取り込んだ音楽CDの内容を新しいPCに移せないかということ。
LANにはつながっていないので、一足飛びには移せないという話をしたら、家族もわからないし、ボランティア団体を探して、頼んできてもらった県内のボランティアは自分より操作知識がなくて話にならなかったし、有料で問い合わせた電話サポート先でも同じことを言われたので、今は気力もなくなってきたし、あきらめますとのこと。

今回問い合わせたのは、持病がかなり重たくなってきたので、近々介護施設に入ろうと思っているため、その時に持って行ければと思って気力を奮い起こしていろいろがんばってみたのだけれど…とのことでした。

行こうと思えば行けなくはない距離です。
でも片道2時間半かかります。
しかもサポートが1日で済めばよいのですが、OSもXPからVistaに替わっているので、いろいろ細かいところでさらにサポートが必要になるのは明らかです。
自分の負担、相手の負担を考えると、そうですか、としか言えませんでした。

この方の引っ越した県には視覚障碍の方への在宅援助・お出かけサポートのボランティアもいないそうです。
こちらにいた時は本当によくしてもらったと、できれば戻りたいともおっしゃっていました。
でも、介護が必要な身では無理は言えず、新しいPCが手元にあっても宝の持ち腐れになりそうです。

どうしてこれだけボランティアに格差があるのか。
引越しされた先が、まだボランティアより地縁が強い地域なのかもしれません。
でも、そういう場所に地縁がない人が引っ越したら、この方のように半ば孤立状態になります。
障碍を持つとそれが顕著に出ます。体調も気力も落ちますから要介護の段階も進んでしまいます。

かつて、自分が住んでいる地域が視覚障碍に関わるボランティアに関しては最先端に近い状況にあるというのを聞いたことがありましたが、決して遠くない地域でもこれほどに格差があると思いませんでした。

心が痛みます。


« もうすぐ5月の節句なので | トップページ | ゆめつげ 畠中恵 »

コメント

ハーバライフ様

"在宅"というキーワードでいらっしゃったようですね。
GoogleAdsenseの連鎖販売取引業の広告掲示停止を受けて、次はトラックバックスパムをなさっているようですが、当方には必要ございません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6364/40994645

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア格差:

« もうすぐ5月の節句なので | トップページ | ゆめつげ 畠中恵 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ