メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

2007.08.20

アナログの方のTOEIC TEST




昨日のDS版のアナログ版がこちら。
去年の6月に改版されたらしいです。
たぶん私が持っているのは旧版の方ですが、基本の単語はそれほど入れ替えはなさそう。
わたしの場合、電車の中で使いやすいように、本をばらして、縦の長さを半分に切ってメモ用紙程度の大きさにして、ページは適当にばらばらにして使っています。
暗記用下敷きも、はさみで切れるやわらかさの100均のクリアファイル型の暗記シートを大きさを合わせて切って持ち運びに便利なようにしちゃっています。
それでも、ただ覚えるだけの作業は飽きっぽい性格だと続きません。それこそ入試とか仕事とかで必要に迫られないと自分は無理な方なので、今回のDSはちょっと助かっています。

#ここまでしても電車で開くとすぐに寝てしまうのはなぜ?(^^;)

2007.02.01

買っちゃいました(^^;)

もう去年の話になりますが、臨時収入が入ったので、思い切って買っちゃいましたよ。
Kimono_sitate図説きものの仕立方

これ、本としては(私的には)涙が出るほど高くていままで買えなくて、近所の図書館経由で近郊の図書館にあるものを2回ほど借りては(近所の図書館には蔵書がなくて、そういう場合は提携している近郊市町村の図書館で貸し出ししてくれるところからまわしてもらうシステムになってらしい)必要なところをコピーしていたけれど、写真が細かいところまで再現できなくて、泣き入ってました。
で、今は本に書いてある通り、運針からやり直し。
(というか、やり直すほどお裁縫をやっていないけどorz)

近々無料の着付け教室に行くんで、それまでに肌襦袢は仕上げたい。。。と思っている今日この頃ですが、間に合うのか? >自分(^^;)

そしてこっそり右サイドのバナー変更。
先生・広島の一個人さん・741さん・もっこりなおじさま
がんばれ~

2006.09.07

なんとなく買ってしまった本2冊

なんとなく買ってしまいました。
どちらもまともに最後まで読破(または練習)できるかは謎(^^;)

戦国クロニクル(ムック本)の写真
戦国クロニクル(ムック本)

別冊宝島
ISBN 4-7966-5418-6
1,050円(税込)


田辺聖子のえんぴつ書きとり百人一首の写真
田辺聖子のえんぴつ書きとり百人一首

角川書店
ISBN 4-04-883964-0
1,470円(税込)

2006.08.11

ココログのアクセスログを見たら…

地道に家人が覗いているようなので、中断気味のこのブログを再開しますです(^^;)

現在、今年、某盲学校の未来の指圧師科に入ったY氏が解剖学が赤道点に近づいていると言うので、夏休みの勉強のお手伝い。なにせ、通年で赤点取ったら留年だし、よしんばすれすれで上がれたとしても、国家試験はとうてい通過できないですもんね。
できれば、すぱっと一発現役合格してほしいですよ。
というわけで、今回入手した参考書は

タイトル:図解入門 よくわかる解剖学の基本としくみ
著者:坂井建雄(さかいたつお)
発行所:秀和システム
ISBN:4798013439

全然解剖学なんか知らない私が読んで、なんとか内容を理解できるという、とてもやさしく解説してある本。しかも動かして確認できる部位は必ずそういう動作確認が入っているので、自分の体で実感しながら覚えられるみたいです。

Y氏もちんぷんかんぷんな授業よりもずっとわかりやすいとのこと。
耳で聞くだけじゃ、専門用語を覚えるのは、本当に難しいよね。
しかし、休み明けのテストでは、この本の半分が対象範囲なんだけど、間に合うのかしらん?(^^;)

ついでに、これの生理学バージョンもあるようなので、こちらも後日入手予定です。

2004.07.20

CycleSports 2004年8月号

きままな評価(5段階):★★★☆☆
八重洲出版
毎月20日発売
雑誌コード 04137-8
定価 500円(本体476円)

・特集 Go! Go! 夏休みツーリング
・とれたてニューモデル満載! 注目2005MTB&ロード速報
・ランスの6連覇なるか? 速報! ツール・ド・フランスが始まった
・大規模自転車道路で風になる
マップ付き!全国サイクリングロード実走ガイド<奈良自転車道>

など。

先月号はジロ・デ・イタリヤの総集編とツール・ド・フランスの準備編で凄く豪華に思えたけど、今月号はどうもツールの2ステージ目が終わったところで締め切りがきていたようで、ツールに関しては記事がちょっとピンボケ。こういう時は即時性にかける雑誌は不利だよなぁと思いつつ読む。

記事全体は初心者や若い女性向けに書いていると思われるライバル誌に比べるとマニア向きで堅い。
でも例え専門用語がよくわからなくても、個人的には軽いノリで書かれていると「読者をバカにしとるんかい!」と感じてしまうので、こちらの方が誠意を感じるし、はまれば楽しいというのをド素人でも感じることができるのでわからないなりにも楽しめる。

マニアの世界はミーハー野郎には踏み込めない、でもちょっとうらやましい世界だと感じる一冊。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ