メールはこちら

  • silvia_white_007★yahoo.co.jp (SPAM対策 ★を半角@にしてください)
無料ブログはココログ

カレンダーPlus by 風柳亭

2010.03.19

そろそろ復帰します

広島DP裁判がある意味予想通りの結末で終わってしまい、その後どうするか迷っていましたが、ここはこのままで、気持ちを新たにして記事を更新していきたいと思います。

広島DP裁判は判決後に判決文の中でも一番重要なこの裁判の争点として位置づけられていた部分が修正されるという、前代未聞なものだったようです。
判決言い渡し直前で担当裁判官が変わったり、前任の担当裁判官はネットで調べる限りではあまり評判がよくなかったりと、原告側にかなり不利に働いたようで、原告サイドでは今後も裁判活動はするようですが、個人的には高島のみなさんを応援することを続けて、裁判とはいったん区切りをつけたいと思います。

そういうわけで、背景も久し振りに変えました。

春の兆しが花粉症という形でやってきていて、この時期は田舎に逃れたいと思う今日この頃です。
(わたしの場合は花粉というよりは埃の総量が問題のようで、たとえ暖かくても田舎ではアレルギー鼻炎はおこりません。)

2009.11.04

そろそろお決まりの巨大掲示板工作?

昨日あたりから、急激に某巨大掲示板での某個人多頭飼いな方たちを擁護するような書き込みが増えています。
そこで気付いたのですが、13日の口頭最終弁論まで10日あまりとなっていたんですね。
早いものです。

それと自ブログにマスコミが全然来なかったと書いたにも関わらず中日新聞に同盟の反対デモが掲載されたこともあるかもしれません。

アーク・エンジェルズの進出反対期成同盟 公式ブログ 2009年10月31日付けより
その証拠に今回、取材やマスコミは一社も・・・・・??

まだ違反対象となっているURLも削除されていないようで、このままだと違反金5万円/日が累積されていく一方なのを各ブロガーが心配しています。

くれぐれも違反金の支払いに寄付金を使わないでいただきたいと思います。
寄付金は少なくとも犬のための寄付金であり、犬は違反していませんので。

2009.11.01

書きたいけれど…

ボランティア関連でとても面白そうな話題を見つけたのですが、書けません。

どこぞの誰かがプライバシー情報を取得しようとしているかもしれないので、個人を追いかけられそうな情報は出せないからです。

少なくとも、どのあたりをうろついているか知られると怖いです。

#こんな私に誰がしたpunchannoyannoyannoyannoy

今回の裁判で証人になった方たち、そしてその後家族の職場にまで脅しまがいの電話が来た方は本当に恐怖を感じざるを得ない状況だったと思います。

それがわかっているからこそ、引き取った犬のため、自分の家族のために声を上げられない方もいらっしゃると思います。

『王様の耳はロバの耳ear』…サイドバーのみなみさん関連の項目をクリックすると、叫ぶことのできる穴が開いているかもしれませんgood

2009.10.29

時すでに遅し ~違反は違反~

某巨大掲示板や、『削除友の会』会員のブログを今更読んでいないとは言えないはずの、個人多頭飼いな方が、まるで『たった今気付いた』かのような文章を残してブログを閉鎖したようです。

何をいまさら…という印象はぬぐえません。
しかも違反し続けたものだから、700万もの違反金を払う羽目になっています。
これこそ自業自得です。

でも、大事なことは、某巨大掲示板でも書かれていますが、

URLも削除対象ですから。

ブログを閉鎖するだけでなく、取得したURLも登録解除しましょう。

って、みんなが散々アドバイスしてたのに。
高級バイク用ブーツは注文しても、ブログの環境を移す時間はなかったんですね:-P

2009.10.26

高島のみなさんお疲れ様でした

『湖西つれづれ』 2009年10月25日付
http://blog.kosei-club.com/?day=20091025

に25日のデモ行進の報告が掲載されています。

この日は200人以上集まったとのことで、自称愛護団体だけれど実態は個人多頭飼いである人間たちがどれほど近隣に迷惑をかけ、また迷惑だと思われているかが自ずとわかると思います。

一方本日のサティアンは外壁をブルーシートで覆った上に、デモ集会の間、クラクションを鳴らし続けていたとのこと。
本当に一般の人が譲渡会に来ていたら、その異様な環境と異常な行動に不信を抱いたと思います。

それでも譲渡会に最後までいたとしたら、ひょっとしたら一般人に見えるその人たちは、某巨大掲示板でまことしやかに流れている¥ゼルロー○とやらでがんじがらめにされている人たちで、最後まで居たら金利を棒引きするなどの交換条件を出されて仕方なく居たのかもしれないと穿った見方をしたくなります。
もしそうだったら、集まった人たちにとってはブルーシートで囲もうが、集会の間中クラクションを鳴らし続けようが次元が違う問題で、そういった異常行動は関心事ではなくなりますから。

デモは大盛況に終わったとはいえ、先日の野焼きといい、近隣に迷惑をかけることを一向に気にかけていない人たちが身近にいる不安を今日も高島の人たちは抱えなければなりません。

一日も早く高島の施設が閉鎖になることを願ってやみません。

#そうなれば保護されている犬たちはどうなる?というのが愛誤さんたちの援護射撃ですが、保全犬もまともに保護できないような、大阪市から譲渡拒否に会うような人物に飼われているよりは、まともな愛護団体に保護されなおした方が幸せになれると思います。

2009.10.21

書くことができるネタが…orz

自分たちを見捨てた元スタッフになにやら不穏な動きをやっている人たちがいるようですが、こちらも一方的な削除要請を受けた身として、家族まで被害を受けたという元スタッフの方は本当にお気の毒に思います。

というわけで、ブログのネタはいっぱい手持ちで持っているのですが、『削除友の会』の会員となってしまった身では、個人を特定されそうな話題は極力避けなければいけません。

そういうことで、個人的なイベント、地域がわかりそうなできごとは一切書けなくなったため、ネタが…な状態になってしまいました…orz

動物愛護団体と称する人たちがなぜ一般人に脅迫めいたことをするのか本当にわかりません。
しかも保全犬のツバサをはじめ不明犬が続々と出てきているという話もあります。
どうしてそういうことが起こるのか。

自称愛護団体で、裁判では個人多頭飼いと言われた人たちの良心は那辺にあるのでしょうか。

最終弁論が11月にあります。
そして年内には結審するようです。

ですが、彼らが犬を囲うことを止めない限り、不幸は続きます。

2009.09.28

シルバーウィークも…orz

あっという間に過ぎていきました。
それなりにイベントはあったんですが、例によって個人を限定されて、直接ならまだしも裁判で証人になった人たちのように周辺に電話攻撃などされると嫌なので、ここには書けません。

@niftyに削除依頼をした方からは依然連絡はありませんが、アクセスログから推測するにその関係者らしき方々のアクセスは止まっていないので、当然ながら用心しないといけません。

なんで、犬を助けるために寄付したことで脅迫めいたことをされたり、周囲にそういうことをされないように注意しないといけないのか本当に腹が立ちます。納得もできません…orz

が、しがない一般市民としてはそういう脅迫めいたものの被害に遭わないためにはまずは自衛するしかありません。

そんな中、ささやかな楽しみとしては10月になるという裁判の記録の出来上がり。
それで溜飲を下げたいと思っています。

追記:みなみさんちのアンケートバナー追加しました

2009.09.17

愛護団体が犬を『物』扱いできるでしょうか

#ツバサが戻ってくるまで何度も繰り返し記事にしたいと思っています。

相変わらず通称豊中裁判として争った事案で、連絡する義務も義理もない里親さん達へ連絡しろと言っている人達がいるようです。

そんなことより、保全対象として物扱いにした犬の数がいつのまにか4匹から3匹に減ったことに関して正式な説明を発表しないのはなぜでしょう?

ツバサをみんなに返してください。

そもそも犬を物として保全措置とした行為を、自称とはいえ仮にも愛護団体と名乗っているところが行うこと自体が考えられないことです。
犬の食事やトイレの世話をし、頭を撫で体を抱いてその温もりを実感し、こちらをじっと見つめる瞳に出会えば物扱いすることなど到底できません。
ましてや悲惨な状況から日に日に犬らしい生き生きとした姿を取り戻していく過程に関わったなら、なおさら彼らが尊い命をもつもので、物にしようという発想すら浮かばないと思います。

愛護団体と称するなら保全措置をした上に『物として遺失』したビーグル犬ツバサの今をきちんと説明することは最低限必要な行為ではないでしょうか。

犬には命があります。
ツバサを今なお大切に思っている元ボランティアの人達がいます。

彼らの大事なツバサを返してください。

2009.09.11

久しぶりに「削除の友」復活編(?)

地下深くに眠っている間に、DP裁判の証人尋問も終わっています。
そして今は予想通りに(?)、原告側証人となった人やその周辺に嫌がらせが始まったそうです。

これがあるから、『削除の友』となった以降は特に少しでもプライベートなことがわかりそうなことは書けなくなりました。
こういった、一般市民には十分に脅迫と思われるような言動をすること自体ですでに愛護団体と名乗る資格を失っていると思います。
楽しかったこと、嬉しかったこと、興味があることを書きたくても、それがどこかで繋がってこちらの氏素性を相手が掴んでしまい、自分だけならまだしも身内や周辺の人たちに迷惑がかかることが心配で、つい筆が(キーボードを打つ手が)止まってしまいます。

他にもここまでの間いろいろなことがあり手放しで喜べない自分がいますが、それでもこうやって少しずつでも旧AAを追い続けてきたことが、似非愛護団体に寄付してしまったことへの反省と、高島のみなさんへの贖罪と応援になればと思います。

今年中には裁判が結審する見通しらしいですが、まずは10月に上がってくるという今回の証人尋問の記録および、11月13日(金)にある口頭最終弁論に期待したいと思います。

2009.07.17

号外:里親さんたちは連絡をしなくてもいいはずです

保全された4頭(うちツバサは行方不明)の所有権に関しての裁判判決が出て、この4頭については林氏の所有となったようです。

ここで確認事項。

○裁判で争われた犬たちの中ですでに里親さんの元で生活をしている犬については、以前の裁判(平成19年(ワ)第1263号)が終わった時点で里親さんの所有権が確定している

○以前の裁判で元AAは団体として体をなさないと言われ、今回判決の出た4頭は元AAとしてではなく個人として以前の裁判とは別の裁判として所有権争いをしている

そういうわけで、今回の裁判の判決があったからといって里親さんたちが元AAに連絡をつける必要性はどこにもないことになります。

すでに里親さんになられた方はご承知のことと思いますが、いきさつを知らない第三者の方が万が一にも誤解されるといけないので、こんな辺鄙なブログからですが号外を出します。

里親になったみなさまの生活と、我がコになった小さな命との生活がこれからも安らかでありますように。

最後に疑問。
以前の裁判で『保全』したツバサはどこに行ったんですか?

以前の裁判で『保全』したツバサはどこに行ったんですか?

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://www.pecope.com

ワンクリック募金

広島ドッグパーク崩壊

最近のトラックバック

※表示件数5件ずつ